PROFILE

祝祭系音楽エンターテインメント集団Carnavacation(カルナバケーション)の「爆裂系」パーカッショニスト。

ブラジル音楽を中心に、Pops, Funk, Soul, Jazzから歌謡曲まで様々なジャンルで活動中。

STORY

千葉県市原市出身。

千葉東高校のマンドリン楽部にて打楽器と出会う。

早稲田大学ラテンアメリカ協会でブラジル音楽の多彩な魅力を知り、ブラジル各地の音楽を演奏するようになる。


2008年、学生サンバ連合União dos Amadores第28代ヂレトール(打楽器隊の総指揮者)にて浅草サンバカーニバル準優勝。

同年からCarnavacationの前身となる「カンタス村田とサンバマシーンズ」で活動。


2010年、フジロックフェスティバル「Rookie A Go Go!」にてカンタス村田とサンバマシーンズで出演。

2011年、2014年の同バンドのレコ発ライブは満員御礼となる。


2016年、「Toko Furuuchi with legends」@東京国際フォーラムにて、古内東子をはじめ斉藤和義、堂珍嘉邦、TEE、大澤誉志幸といった有名アーティストと共演。

同年、Carnavacation「ZEN ZEN ZEN」にてブラジルの国民的アーティストGabriel Mouraと共演。


2017年、Carnavacation「声あつめて」がラグビートップリーグエンディング曲に決定し、12月2日KING RECORDSからメジャーデビュー。


2008年と2017年の2回ブラジルへ渡り、リオデジャネイロに滞在。

音楽が溢れる街でカーニバルの熱気を直に体験する。


2019年12月、11年間活動したカルナバケーション脱退。




主な共演アーティスト・参加ユニット(敬称略)

古内東子、しゅうさえこ、クリスタルキング(ムッシュ吉崎)、Gabriel Moura、たをやめオルケスタ、なかの綾、Super Red Band、Duo Sabia、Clube do Baião、Luciano Alves、